医療法人社団 順伸クリニック小児科・眼科 一般診療 乳幼児健診 予防接種 横浜市青葉区荏子田 東急田園都市線 たまプラーザ あざみ野 土日・祝日も診療

045-902-8818
ネット予約はこちら 土日・祝日も診療

順伸クリニック小児科・眼科 横浜市青葉区 土日祝日も診療乳幼児の簡易視覚スクリーニング

順伸クリニック小児科・眼科では最新機器「スポットビジョンスクリーナー」を用いた乳幼児の簡易視覚スクリーニングを受けることができます

スポットビジョンスクリーナー
スポットビジョンスクリーナー

子供の視力不良は発見されにくい

子供は生まれながらにして良好な視力を有しているわけでは決してありません。

知能や精神と同じように、赤ちゃんの頃は極めて未熟であり、成長とともに少しずつ発達していきます。

視力が順調に発達しているかどうかは、日常の様子だけでは判断しきれません。3歳未満の乳幼児では視力検査も上手く出来ないことのほうが多いので、視力の発達不良を発見するのは従来は困難でした。子供は「みえる」「みえない」などの意志表示が難しいだけでなく、「みえていない」という自覚もないため、視力不良に気づかれずに経過してしまうことが多いのです。

「弱視」は発見が遅れると治療しにくくなる

「弱視」とは、乳幼児期に強い屈折度数異常(遠視・近視・乱視)や斜視などが存在して視力の発達が妨げられた結果、眼鏡をかけても十分な視力が得られない状態のことをいいます。

「3歳児健診」では多くの子供が生まれて初めて視力検査を行う機会となりますが、弱視をはじめとした異常を見過ごされてしまうことも決して少なくありません。弱視は発見が遅れると、その後の視力の発達が見込めなくなる恐れがあります。

生後6か月から行える簡易視覚スクリーニング

順伸クリニック小児科・眼科では、弱視のリスクである強度の屈折度数異常(遠視・近視・乱視)や斜視を乳幼児でも簡単に測定できる最新機器「スポットビジョンスクリーナー」を導入しています。

スポットビジョンスクリーナー 生後6か月から行える簡易視覚スクリーニング

1メートル離れたところから測定するので痛みなどの刺激を伴いません。
機器の画面を約1秒ほど見てもらうだけなので、視力測定が出来ない3歳未満の乳幼児(6か月以降)でも検査が可能です。

眼科専門医が結果を詳しく解説

検査を受けられた方には、結果報告書と、当院が作成したオリジナルの「データの見方表」の用紙を併せてお渡しします。遠視や乱視などの屈折度数異常や弱視の概念についての解説も記載されています。また、結果については眼科専門医が詳しく説明させていただきます。

弱視のリスクを早期発見して早期治療

検査の結果、より精密な検査が必要と判断された場合は、引き続き当院で精査・加療を行ってまいります。

弱視は発見が早ければ早いほど治療に反応しやすい疾患です。 弱視の発見が遅れて視力不良の状態のまま大きくなると、就業制限に引っかかってしまい希望する職業に就けないなどの不利益を被る恐れがあります。将来良好な視力が得られるように、弱視および弱視のリスクとなるような異常は早期発見することが大切です。

小児科を受診された方でも気軽に行えます

当院は、小児科と眼科の併設ですので、小児科を受診された方でもご希望があれば検査をお受けできます(眼科での保険診療となります)。乳児健診や予防接種(6か月以降)と一緒に受けることも可能です。

生後6か月を過ぎたらぜひ一度「スポットビジョンスクリーナー」による簡易スクリーニングを受けてみましょう!

予約方法は「インターネット診療予約」のみとなっております。
初診の方は診療時間内に直接ご来院ください。

眼科 生後6ヶ月から行える乳幼児の簡易視覚スクリーニング
眼科 視覚障害等級判定
眼科 サプリメント
眼科ブログ